このページの本文へジャンプ

メルコパワーデバイスについて
事業内容

メルコパワーデバイスでは、三菱電機の高性能な各種パワーデバイスの製造事業を中心に、それに関する部品加工や資材のの運営などパワーデバイス製造に関するさまざまな関連事業を展開しています。

パワーデバイスの製造
IGBTモジュール

当社では、それまでの半導体製造技術をもとに、1983年よりパワーデバイスの生産を開始しました。

パワーデバイスは、1個のパッケージの中に各種半導体チップを複数個ずつ組込み配線した高性能デバイスで応用範囲の広い先端製品です。

生産開始以来、技術研鑽を積み重ね、今やパワーデバイス業界をリードする会社として、先端技術と独自に開発した最先端自動化装置を駆使した生産体制を推進するとともに、万全の品質管理体制を構築しています。

部品製造
ワイヤボンド

 

パワーデバイスの主要部品である樹脂成形ケースや端子を当社
島根工場で製造しています。
また島根工場では金型も設計、製作しています。

金型製作機
資材センター
今や「ジャスト.イン.タイム」は、製品の製造において不可欠なシステムとなっており、こうした製品製造ニ−ズに対応するため、当社では1994年に三菱電機の半導体部品の物流デリバリセンタ−を受託。 各種部品を的確に仕分け.提供することにより製品製造の効率化に貢献しています。
大電力スタック
大電力半導体にヒートシンク(放熱体)を取付け、皆様のニーズに沿った構成の三菱電機大電力スタックを製造しています。主な用途としては、大型電源装置、インバータ、今注目のクリーンエネルギーである風力発電等、多岐に渡り使用され、環境にも貢献しています。
大電力スタック
トップへ戻る