このページの本文へジャンプ

会社概況
イントロダクション
次世代育成支援行動計画
当社では「次世代育成支援対策推進法」に従い、仕事と子育ての両立ができる
働きやすい環境をつくることで、男女問わず社員一人ひとりが能力を十分に
発揮できるよう取り組んでおります。
 
1.計画期間
平成27年4月1日〜平成32年3月31日までの5年間
2.内容
社員が仕事と家庭を両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を
つくることにより、個々人が能力を最大限に発揮できるようにするために、
次のように計画する。
 
目標1 平成27年10月までに、子どもの出生時に父親が取得できる休暇制度を導入する。
対策 配偶者出産前後の休暇取得状況の確認。(平成27年4月〜)
制度の導入、就業規則、社内広報誌などによる社員への周知。
(平成27年10月〜)
目標2 計画年度中に、子育てをしながら働く労働者に考慮した措置を講じる。
対策 現在の問題点や改善点の有無について検討開始。(平成27年4月〜)
現行の育児関連制度の見直しを行い、法定を上回る水準の制度設定を図り、子育てをしながら働く労働者に考慮した措置を講ずる。
(平成32年3月まで)
 
 
女性活躍推進進行行動計画
当社では「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」に従い、
女性の更なる活躍の推進を目指した取り組みを行っております。
 
1.計画期間
平成28年4月1日〜平成33年3月31日までの5年間
2.内容
女性がより一層活躍活躍できる雇用環境の整備を行うため、
次のように行動計画を策定する。
 
目標1 新卒採用に占める女性比率20%以上を目標とする。
対策 <平成28年4月〜>
女子学生向けの合同セミナーへの参画。
各高校就職課・各女子大キャリアサポートセンターとの連携拡充。
採用ホームページや各種媒体を通じた女性の働く姿や仕事と家庭の両立を支援する各種制度等のPR強化。
目標2 「成果・効率をより重視する企業への変革」と「仕事に対する意識の改革」を通じて、全従業員が仕事と生活を両立しながら能力を最大限発揮できる職場環境を整備する。
対策 <平成28年4月〜>
トップダウンによる方針徹底、経営トップのメッセージ発信強化。
従業員の意識啓発、職場風土の醸成。
所定外労働時間削減に向けた取組の強化。
年休取得のさらなる推進。
管理職の意識啓発、マネジメント力強化。
トップへ戻る