このページの本文へジャンプ

メルコパワーデバイスについて
採用情報

メルコパワーデバイス株式会社の製造しているパワー半導体製品は、産業機器からインバーター応用家電、 ハイブリッドカー・電鉄などの輸送機器、太陽光・風力発電等の新エネルギーなど、電力を使うあらゆる分野で
使用され、省エネ・省力化・省資源等、環境に対する影響を低減する重要な役割を果たしています。
しかし反面、パワー半導体製品の製造工程では、電力をはじめとするエネルギー資源を多量消費し、環境への影響をおよぼしています。このような認識を踏まえて、環境マネジメントシステムの継続的な向上を目指します。
 
緑豊かな山々に囲まれ日本一低い分水嶺のある丹波氷上地域、大空にコウノトリの舞う但馬豊岡地域、近くに世界遺産を有する島根石見地域、南に脊振山、北に玄界灘という自然豊かな立地の福岡地域を良く認識し、澄んだ空気、きれいな水、緑豊かな自然環境を常に大切にし、後世に残すのは地域に対する私たちの任務です。
ここに環境に対する当社の環境方針を設定して事業活動に反映します。


1.低炭素社会の実現に向けた取り組み

・生産時に発生するCO2の削減に向けて、生産ライン及びユーティリティ等での省エネルギーなど、CO2削減 に繋がる施策を展開します。
・生産改善により生産の効率化および材料ロスの削減で省資源化に貢献します。


2 .循環型社会の形成に向けた取り組み

資源の有効活用の促進、廃棄物の削減については、三菱電機設定目標0.1%未満を目標に「0」エミッションに向け取り組みます。


3.環境経営基盤の強化

・事業活動及び製品が環境に与える影響を把握し、汚染の予防に努め環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
・環境関係法、条例及び当社が受け入れた協定等の要求事項を順守すると共に、関係官庁、地域住民、 取引先とのコミュニケーションを図り、環境事故の発生防止に努めます。


4.環境教育

・野外教室・里山保全活動・清掃活動を通じて「生物多様性」に配慮する環境マインドを醸成し、社員やその 家族、地域社会と共に社会貢献活動の輪を広げて行きます。
・組織で働く又は組織の為に働く全ての人に、環境方針・目的を周知させ、環境問題の意識向上に取り組み ます。
・環境人材として「環境キーパーソン」の育成、社外・社内の各種研修会・講習会に積極的に参加し、レベル UPに取り組みます。

改定日:2017年 4月 1日
メルコパワーデバイス株式会社
代表取締役社長 南原 成二

 

*福岡事業所については、三菱電機パワーデバイス製作所の環境方針に基づき活動します。

トップへ戻る